不動産の査定、流れについて CONCEPT

どう進めるの??

不動産査定とは何か?査定を受ける際に知っておきたいことを解説 土地や建物を売る場合、まずは不動産の査定を受けます。自分が持っている土地や建物の査定を受けることで、査定額を知ることが可能です。査定額をある程度知っておけば実際に売買契約をする際に売却額を決める基準になり、売買契約をスムーズに進められるでしょう。この記事では、不動産査定とは何か、どのような流れで行われるのか、査定に影響するポイントについて解説します。これから不動産査定を受ける際には、参考にしてみてください。  

不動産査定とは何か?

不動産査定とは、土地や建物などがどれくらいの価格で売れそうかを査定することです。あくまで売却額の目安なので、実際の売却額がわかるわけではないことにご注意ください。   査定額を知っておけば、実際に不動産を売却する際に売却額を決めるための目安になります。所有している不動産の価値がある程度わかっていれば、不当に安く買いたたかれることを防げるでしょう。   査定は不動産会社などに依頼します。不動産会社を訪れて直接依頼もできますし、ネットで査定を受けることも可能です。   ここでは、不動産査定を受ける際に知っておくべきことについて、ご説明しましょう。  

不動産査定の種類

不動産査定には机上査定と訪問査定の二種類があります。それぞれの特徴についてご説明します。 

 【机上査定】   机上査定は、簡易査定とも呼ばれますが、実際に物件を見ずに物件情報や取引実績、市場の動向などをもとに査定を行います。不動産会社は過去の取引データや不動産に関する知識などをもとにして、査定を行います。   ただし、実際に物件を見ないで査定を行うので、実際の売却額と乖離することもあります。ただ、机上査定はネットでも受けられるので、手軽に査定できるのがメリットです。   

【訪問査定】   訪問査定とは、実際に物件を訪れて査定する方法です。実際に物件の立地や周辺環境、近隣との境界などを詳細に確認して査定します。物件を実際に見て査定するので、机上査定よりも査定の精度が高くなります。  

査定額は依頼した会社によって違う

査定額は依頼した会社によって異なります。会社や担当者によって過去に扱った物件のデータや査定方針などが異なるためです。できるだけ正確な査定額を出して顧客と信頼関係を築く方針の会社もあれば、査定額を高く見積もって取引を獲得したい会社もあるでしょう。不動産会社によって査定額が変わるので、数社に見積もってもらうことをおすすめします。  

査定費用は無料

査定費用は、基本的に無料です。査定は不動産会社が売却取引を獲得するための、営業活動だからです。そのため、査定自体は無料で受けられます。机上査定、訪問査定、どちらも基本的に無料なので、どんどん査定を受けて査定データを集めることをおすすめします。  

不動産査定の流れ

ここでは、不動産査定の具体的な流れについてご説明します。  

1.査定を申し込む

まずは、不動産会社に不動産査定を申し込みます。   店舗に直接出向いて依頼しても良いですし、ネットで査定を依頼することも可能です。ネットでの調査の場合には、即日~5日程度で査定が完了して結果が届きます。  

2.必要な書類を用意する

査定を受けるためには、必要な書類や情報を用意する必要があります。   <必要な書類> ・登記済証(権利証)、または、登記識別情報通知書 ・確定測量図   <あると査定しやすい書類> ・建物のリフォーム内容がわかる資料 ・建設住宅性能評価書 ・インスペクション(建物状況調査)の結果報告書 ・瑕疵担保保険の付保証明書   上の二つの書類は必ず用意する必要がありますが、下の四つの書類は用意できれば提出しましょう。  

3.現地調査の日程を調整する

現地調査を依頼する場合は、現地調査を行う日程を調整します。立ち会いが必要になるので、同席できる日を伝えて日程を決めましょう。   現地調査を行わない場合は、調整は不要です。  

4.現地調査に立ち会う

現地調査の日になったら立ち会い、現地調査を受けます。   提出した書類や現地調査の内容をもとに、不動産会社側で査定を行います。  

5.査定結果を聞く

現地調査から1週間程度で査定結果が届きます。査定期間は担当者の状況や不動産の状態によって変わります。   査定結果を確認し、不明点があれば質問しましょう。   なお、その後売買契約に進むこともあります。査定結果に満足し、その不動産会社や担当者が信頼できそうなら、そのまま売買契約を進めても良いでしょう。  

不動産査定で評価されるポイントとは?

不動産の査定時に評価されるポイントとは何かをご説明します。  

立地

接している道路の幅、角地かどうか、土地の傾斜の有無、整形地か、採光の状況、車の出し入れのしやすさなどの、立地条件は重要なポイントです。最近は、水害ハザードマップなどの災害リスクについても重視されるようになりました。  

築年数

建物の場合は、築年数が重要です。築年数が古いほど、価格は下がります。  

面積、間取り

土地面積、建物の間取りは広ければ広いほど価値が高くなります。間取りについては、動線の使いやすさ、リビングの広さなども評価されます。  

建物の種別

戸建てか、マンションかによって評価内容が変わります。  

周辺環境

周辺に学校や公園があるか、スーパーやコンビニ、銀行などがあるか、火葬場や墓地などがないかなどの、周辺環境も評価されます。  

土地の形

基本的に四角い土地がもっとも良いとされ、旗竿地や三角形などはマイナス評価になります。  

その他の条件

他にも、物件の売却理由やローンの残債、マンションなら共有部分の状況、希望する売却時期などによっても、査定内容は変わります。


まずはご相談ください。 service


  • この記事では、不動産査定とは何か、どのような流れで行われるのか、査定に影響するポイントについて解説しました。不動産の査定は基本的に無料で行えます。しかし、不動産会社や担当者によって査定額は異なるので、数社に査定を依頼するのが良いでしょう。

      総合不動産プロデュースの株式会社リアル・ミンクスは、戸建て、土地、マンションなどの不動産売却のご依頼を新宿で承っております。不動産売却や相続、空き家に関するお悩みなどのご相談も承っており、マンション、戸建て、土地、アパートなど幅広く対応しています。一都三県で不動産の売却を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

    ダウンロード (3)
お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~18:00

Access


株式会社リアル・ミンクス

住所

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-5-6-6F

Google MAPで確認する
電話番号

03-5937-1337

03-5937-1337

FAX番号 03-5937-1338
営業時間

10:00~18:00

定休日

毎週日曜日・年末年始・GW・夏季休暇

多くの人が行き交う首都圏で会社を運営し、不動産に関する多岐に亘るお悩みの解決を後押ししております。一都三県で使用していない空き家や空き部屋をお持ちの方や、不動産相続問題に頭を抱えている方は、不動産売買取引の一度プロに相談してみませんか。長年培ってきた経験を活かし、お客様のお力になります。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

関連記事

Related