一戸建の売却 築30年は? CONCEPT

相場などの解説

築30年の一戸建ては売却が難しい?相場や売却成功のポイントとは

築30年の一戸建ての売却を考えている人の中には、「古いから売れないのでは…?」と考える人も多いのではないでしょうか。確かに築30年の一戸建ては築浅物件と比べると高い金額での売却は難しいですが、売却を成功させるポイントもあります。今回は、築30年の一戸建ての売却相場や売却を成功させるポイントについて紹介していきます。  

築30年の一戸建ては売却が難しい3つの理由

築30年の一戸建ての売却が難しい理由には、以下の3つが挙げられます。  

・建物の価値は築年数とともに減少するから

・耐震基準が古い可能性があるから




・新築物件の需要の方が高いから  

建物の価値は築年数とともに減少するから

建物の価値は、新築で購入した年から年数が経つにつれて右肩下がりに減少します。築10年の段階では約50%下がり、築20年を超えると約90%も下がるため築30年になると建物にほとんど価値がつきません。   さらに、国によって一戸建て住宅の耐用年数は22年と定められているため、築30年の一戸建ては住めるものの資産価値がない物件だとみなされます。そのため、築30年の一戸建てを売却する場合は高い値段がつけにくく損をする可能性も少なくありません。  

耐震基準が古い可能性があるから

住宅建物には、自身に対する安全性を確保するための基準である耐震基準が設けられています。耐震基準の見直しは過去に2回行われ、直近では2000年に行われました。   築30年の一戸建ては2000年基準の前に建てられているため、耐震基準が最新ではありません。地震が多い日本では多くの人が耐震基準に敏感なため、耐震基準が最新ではない築30年の賃貸物件は売却が難しくなりやすいです。  

新築物件の需要の方が高いから

欧米諸国と比べると、日本では新築物件の需要が高いです。住宅金融支援機構の調査によると、物件購入者の中で新築物件の割合はおよそ75.2%にのぼります。国土交通省の調査では、中古物件より新築物件の方が気持ちいいと感じる人は約60%を占めるということもわかりました。そのため、築30年の一戸建ては新築や築浅物件と比べると売却が難しい傾向が強いです。    

築30年の一戸建ての売却相場

売却が難しいとされる築30年の一戸建ては、新築と比べると売却相場も低くなりがちです。ここからは、築30年の一戸建ての売却相場が低い理由や相場の金額を見ていきましょう。  

築30年の一戸建てはほとんど価値がない

築30年の一戸建ての売却相場が低い理由は、一戸建て住宅は築22年を過ぎると建物自体の価値がほとんどゼロになるからです。ただし、一戸建ての売却では建物と土地をわけて考えるのが一般的であり、土地の価値は築年数が経っても変わりません。そのため、築30年の一戸建ての売却相場は土地の価格となります。   実際にレインズが行っている首都圏の不動産流通市場のデータを見てみると、築26〜30年以上の一戸建ては平均2,917万円で売却されています。同じレインズの不動産流通市場のデータによると100〜200平米の土地が2,948万円で売却されているため、築30年の一戸建ては土地の価格で売却されることがわかります。  

築30年の一戸建ての売却を成功させるポイント

築30年の一戸建ては売却が難しいのに加え、ほとんど土地の価格でしか売却することができません。しかし、以下の4つのポイントをおさえることで、築30年の一戸建てでも売却を成功する可能性が高くなります。  

・土地をメインに売却する

・建物を解体する

・不動産会社に買い取ってもらう

・リフォームやリノベーションを行う  

土地をメインに売却する

先述のとおり、築30年の一戸建てには建物の価値はほとんどありません。そのため、古家がついた土地として土地をメインに売却するのがおすすめです。古家つきの土地として売却すると、売主が建物を解体する費用や手間を省くことができます。買主からしても、新しく家を建てるイメージができるほか古家をリフォーム・リノベーションして活用できるためメリットとなります。  

建物を解体する

建物の状態が古かったり劣化していたりすると、建物を解体してから土地のみを売却する方が買主に見つかりやすいです。一般的には更地で売却する方が売れやすいと言われているため、建物に何らかの価値がない場合は、解体してから売却する方が良いでしょう。   ただし、建物を解体してから売却するとなると解体費用を負担しなければいけません。木造の戸建ての場合解体費用は1坪あたり5万円前後が相場のため、30坪であれば120~160万円の解体費用がかかります。解体するか建物を残すかどうかは、不動産会社と相談しながら決定しましょう。  

不動産会社に買い取ってもらう

築30年の一戸建てがなかなか売れない場合は、不動産会社に買い取ってもらうことも可能です。通常の売却方法よりも売却価格が低くなるデメリットがありますが、仲介手数料をかけずに売れ残りを防ぐことができます。とにかく一戸建てを売りたいという人は、この方法も検討してみてください。  

リフォームやリノベーションを行う

建物自体が大きく劣化していない場合は、リフォームやリノベーションを行うことで建物の価値をあげることができます。特に水回りやキッチンの設備などを最新にしておくことで、買主が見つかる可能性が高くなります。   ただし、リフォームやリノベーションの内容には注意しましょう。築30年の一戸建てを探している人の中には、自分好みのリフォームやリノベーションを楽しみたい人も少なくありません。そのような場合、趣味と違ったリフォームやリノベーションが施されていると購入されない可能性が高いです。建物を残すか解体するかと同じく、リフォーム・リノベーションをするかどうかも不動産会社と相談してから決めましょう。


相続や任意売却などの不動産や諸事情によるご売却もお手伝いいたします。 service

  • まとめ

    築30年の賃貸物件は建物の価値がほとんどなくなってしまうため、新築や築浅物件と比べると売却活動が難しくなります。売却相場もほとんど土地の価格となるため、今回紹介した5つのポイントを参考にさまざまな方法を使って売却を成功させましょう。

    東京・千葉・神奈川・埼玉での一戸建ての売却を検討している人は、不動産売買取引のプロである「株式会社リアル・ミンクス」にご相談ください。築年数が古い物件や、残置物がある物件でも柔軟に対応可能です。建物の解体やリフォームの推奨など、お客様の物件や条件に合わせて適切な提案を行います。

    ダウンロード (3)
お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~18:00

Access


株式会社リアル・ミンクス

住所

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-5-6-6F

Google MAPで確認する
電話番号

03-5937-1337

03-5937-1337

FAX番号 03-5937-1338
営業時間

10:00~18:00

定休日

毎週日曜日・年末年始・GW・夏季休暇

多くの人が行き交う首都圏で会社を運営し、不動産に関する多岐に亘るお悩みの解決を後押ししております。一都三県で使用していない空き家や空き部屋をお持ちの方や、不動産相続問題に頭を抱えている方は、不動産売買取引の一度プロに相談してみませんか。長年培ってきた経験を活かし、お客様のお力になります。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

関連記事

Related