古い一戸建売却は? CONCEPT

解説

築50年の一戸建ては売却できる?相場や売却方法・注意点を解説

日本は新築信仰が強く、新築や築浅以外の物件を売却することは簡単ではありません。特に、築50年の古い一戸建てとなると、売却方法を工夫する必要があります。今回は、築50年の一戸建ての売却相場や売却の方法、注意点について解説していきます。古い一戸建てを手放そうか考えている人は、ぜひ参考にしてください。  

築50年の一戸建ての売却相場

築50年の一戸建ては売却することができます。ただし、新築や築浅物件とは価値がつくポイントが異なります。ここからは、建物・土地にわけた築50年の一戸建ての相場について見ていきましょう。  

建物の価値はほとんどない

築50年の一戸建ては、建物部分の価値はほとんどありません。一戸建ての建物の価値は築年数とともに右肩下がりに減少し、築20年を過ぎると価値がほとんどなくなります。国によって木造一戸建て住宅の耐用年数は22年と定められているため、築50年の一戸建ては資産価値がない物件だとみなされるのです。そのため、建物の売却相場はほとんどゼロであることを認識しておきましょう。  

土地の価値を把握することが大切

築50年の一戸建ての価値は、建物ではなく土地で決まります。一戸建てを売却する場合建物と土地はわけて考えられ、土地は築年数が経っても価値が下がることはありません。そのため、なるべく良い条件で築50年の一戸建てを売却するためには、土地の価値を把握することが大切なのです。   土地の価値は、以下の条件によって決まります。  

・土地のサイズ

・土地の形

・土地の間口

・立地   売却前にこれらを明らかにすることで、売却価格を決めることができます。土地の相場は場所によって大きく異なるため、相場と大きく異なる売値で売却しないよう気をつけましょう。  

築50年の一戸建てに価値があるケース

築50年の一戸建てであっても、以下のケースであれば建物自体に価値がつくことがあります。  

・伝統工法が施されている

・リノベーションやリフォームされている

・古民家を使った商店が多いエリアにある   築50年の一戸建ては、古民家として活用することができます。物件を探している人の中には古民家風を探している人もいるため、住める状態であれば価値がつくかもしれません。

ただし、これらの需要を自分で判断することは難しいため、不動産会社と相談して売り方を決めましょう。  

築50年の一戸建てを売却する4つの方法

売却が難しい築50年の一戸建ては、売り方を工夫する必要があります。建物の状態や需要により適切な売却方法は異なるため、不動産会社と相談しながら以下の5つの売却方法を選びましょう。  

・建物を残して売却する

・建物を解体して売却する

・リフォームやリノベーションして売却する

・不動産会社に買い取ってもらう  

建物を残して売却する

建物に価値がある場合や住める状態の場合は、建物を残して売却することができます。ただし、建物自体の価値はほとんどないため、古家つき土地として土地の価値がメインとなります。建物を残して売却すると解体やリフォームの費用がかからず、固定資産税を節約できるのがメリットです。ただし、買主が建物を解体する可能性が高いため売却価格が下がりやすいといったデメリットもあります。  

建物を解体して売却する

築50年の一戸建ては建物にほとんど価値がないため、建物を解体して土地として売却すると需要が上がり売れやすくなります。土地の価値そのままの売値をつけることができるので、土地の価値が高い場合は更地にするのがおすすめです。ただし、解体費用は売主が負担するため費用がかかってしまいます。  

リフォームやリノベーションして売却する

建物が古い場合は、リフォームやリノベーションをすることで買主のニーズを広げることができます。近年リノベーション物件が人気を集めており、築50年の古い一戸建てでも見た目や設備が新しいと売却しやすい状況が作れます。ただし、買主によっては自分好みにリフォーム・リノベーションしたいという人も少なくありません。設備のみをリフォームし、見た目はそのままで売却するといったさまざまな選択を考えましょう。  

不動産会社に買い取ってもらう

買主が見つからない場合、不動産会社に買い取ってもらうのも選択肢の一つです。仲介手数料が発生せず、売り出しから最短1週間のスピードで売却できるのが不動産買い取りの大きなメリットです。ただし、不動産会社に買い取ってもらう場合は要因により価格差はでます。分割が可能な土地や容積率が高い土地は高めの買取価格が期待できます。また、早く売却したい人は、不動産会社の買い取りを検討しましょう。  

築50年の一戸建てを売却する際の注意点

築50年の一戸建てを売却する場合、以下の2つの点に注意しましょう。   ・土地の状態を確認しておく ・の不動産会社に相談し売却方法を考える  

土地の状態を確認しておく

築50年の一戸建ての売却には土地が重要のため、売却前に土地の状態を把握しておかなければいけません。特に知っておくべきポイントは、土地の境界線と土地の建築基準法です。   土地の価値を大きく左右する一つが土地の大きさであるため、土地の境界線が明らかになっていないと実際の面積より小さい価格で売却されてしまいます。ほかの物件が隣接している場合、土地の境界線が不明瞭なまま売却するとトラブルにもつながります。   さらに、古い土地の場合再建不可物件の可能性もあるので注意しましょう。再建不可物件とは、建設基準法を満たしておらず新しい建物を建てることができない土地のことです。再建不可物件の場合既存の建物をリフォームすることは可能のため、更地にしないことがおすすめです。  

不動産会社に相談する

築50年の一戸建てを売却する場合、更地にするか建物を残すか、リフォームするかそのままにするか、物件の状態や周辺ニーズに合わせて臨機応変な対応をしなければいけません。その際に重要なのは不動産会社の助言ですが、不動産会社に実績や知識がないと売れる物件も売れ残ってしまいます。   売値の査定や不動産会社買い取りの金額も含め、比較して決定しましょう。担当者の対応や実績などを比べ、最適なパートナーを見つけてください。


相続や任意売却などの不動産や諸事情によるご売却もお手伝いいたします。 service

  • 買取相談もできます

    築50年の一戸建ては建物にほとんど価値がつかず、一定のケースを除くと土地の価値のみが売却相場になることが一般的です。そのため、建物を残すか解体するかリフォームして活かすか、建物の状態やニーズをくんだ売却方法を選びましょう。

      どの不動産会社に依頼するか迷っている人は、首都圏の不動産売買取引のプロである「株式会社リアル・ミンクス」にお任せください。長年培った経験を活かし、お客様の希望を叶える不動産取引を行います。

    ダウンロード (3)
お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~18:00

Access


株式会社リアル・ミンクス

住所

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-5-6-6F

Google MAPで確認する
電話番号

03-5937-1337

03-5937-1337

FAX番号 03-5937-1338
営業時間

10:00~18:00

定休日

毎週日曜日・年末年始・GW・夏季休暇

多くの人が行き交う首都圏で会社を運営し、不動産に関する多岐に亘るお悩みの解決を後押ししております。一都三県で使用していない空き家や空き部屋をお持ちの方や、不動産相続問題に頭を抱えている方は、不動産売買取引の一度プロに相談してみませんか。長年培ってきた経験を活かし、お客様のお力になります。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

関連記事

Related