売った方がいい?それとも貸す? CONCEPT

解説

マンンションは売るべき?貸すべき?メリット・デメリットを比較してベストな方法を選ぼう!

マンションを売るか貸すかして資金を得たい場合もあると思います。しかし、売るのと貸すのは、どちらを選べば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?実際、どちらが良いかは状況によって異なります。   この記事では、マンションを売るのと貸すのはどちらが良いのか、具体的な方法、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。マンションを売るか貸すか迷っている方は、この記事を参考にしていただき自分に合ったベストな方法を選んでください。  

マンションを売るのと貸すのはどちらが良いのか?

マンションを売るか貸すかを決めるためには、以下の点が重要になってきます。以下の観点で確認した結果、自分の場合は売るのと貸すのとどちらが良いかを決めましょう。  

今後住む予定があるか

今後住む予定があるかないかで、売るか貸すかがある程度決まります。今後またマンションがある地域に戻ってくる、子どもに譲る予定があるなどの場合は、売らずに持っておく選択もできるでしょう。  

住宅ローンの残債はあるか

住宅ローンの残債がある場合は、原則賃貸にはできません。金融機関が認めた場合は例外としてローンを支払いながら賃貸にできることもありますが、原則できないと思ってください。  

マンションの管理や経営ができるか

マンションを貸すということは、マンションを管理しながら賃貸経営をするということです。マンション経営ができるのか、管理会社に委託する場合は資金を用意できるのかなどを検討しなければなりません。  

マンションを売る場合と貸す場合に何をすべきか

上記の観点で確認した結果、何をすべきかを検討してみてください。  

今後住む予定がある場合は定期借家契約

今後そのマンションに住む予定がある場合は、人に貸すのが良いでしょう。方法としては、「定期借家契約」がおすすめです。他に「普通借家契約」がありますが、契約期間を定める「定期借家契約」の方が契約を解除しやすいためです。   二つの契約方法の違いは以下のとおりです。  

【定期借家契約と普通借家契約の違い】   定期借家契約: 契約方法 /公正証書などによる契約が必要 /契約期間を定める必要がある。普通借家契約:書面でも口頭でも良い。更新は 正当な事由がない限り更新される 。

 上記の表のとおり、普通借家契約にしてしまうと自動的に更新され契約期間の定めもないため、一度貸してしまったら簡単に戻せなくなります。そのため、いずれ住みたいなら定期借家契約にしましょう。  

住む予定がなく管理したくないなら売却する

今後住む予定がない、マンションの管理や経営をしたくないという場合は、売却したほうが良いでしょう。   マンションを管理し続ける場合、固定資産税や管理費用、修繕積立金などのコストがかかります。また、管理組合の総会への出席、管理会社とのやり取りなども必要です。売却してしまえばまとまった資金が手元に入りますし、面倒な管理の手間やコストがなくなります。  

住宅ローンが残っている場合は金融機関に相談する

住宅ローンがまだ残っている場合は、原則賃貸にはできません。ただ、場合によっては賃貸にできる可能性もあるので、金融機関に相談してみてください。   売る場合には、売却益でローンを返済できるかどうか、残債とマンションの査定額などを確認しましょう。  

マンションを売る場合と貸す場合のメリット・デメリット

マンションを売る場合と貸す場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。売るのか貸すのか迷っている場合に、参考にしてみてください。  

売る場合のメリット・デメリットとは

売る場合のメリットとデメリットは以下のとおりです。

  <売る場合のメリット>  

・一時的に大きな収入を得られる   マンションを売ることで、大きな収入を得られます。新居を購入したいなど、まとまった収入が欲しい場合には売るメリットは大きいです。  

・マンションのランニングコストがかからなくなる   マンションを持ち続けると、管理維持費用、修繕積立費用、固定資産税、都市計画税などのランニングコストがかかります。売却してしまえばこれらのコストはかからなくなり、負担が減るでしょう。

  <売る場合のデメリット>  

・住宅ローンが残っている場合、売却益をローン返済に充てなければならない   住宅ローンが残っている場合、売却益をローン返済に充てることになります。それで足りれば問題ないですが、資金が足りない場合は自己資金を充てるなどの対策が必要です。  

・不動産資産を失う   売却すると不動産資産を失うことになります。今後価値が上がる可能性もありますが、今の時点の価値の売却益しか得られません。ただ、今後価値が下がる可能性もあるので、売却時にはマンション価格の相場を見極める必要もあるでしょう。  

貸す場合のメリット・デメリットとは

貸す場合のメリットとデメリットについてご説明します。

  <貸す場合のメリット>  

・定期収入を得られる   人にマンションを貸すことで、定期的に家賃収入を得られるのは大きなメリットです。  

・不動産資産を持ち続けられて、再び住むことも可能   マンションという不動産資産を持ち続けられるので、価値が上がったときやいざというときに売ることが可能です。また、いずれ戻って住むこともできますし、子どもや親族などの住居にもできます。  

 <貸す場合のデメリット>  

・リフォーム費用や維持管理費用がかかる   マンションを持っているだけで維持管理費がかかりますし、古くなってくるとリフォーム費用もかかります。ランニングコストについては、あらかじめ計画しておきましょう。  

・空室リスクがある   賃貸に出しても、必ずしも部屋が埋まるとは限りません。借り手が見つからない空室リスクもあります。   空室リスクを避けるために積極的に営業活動を行う必要があるでしょう。


売却のお手伝いいたします。 service


  • この記事では、マンションを売るのと貸すのはどちらが良いのか、具体的な方法、それぞれのメリット・デメリットについて解説しました。状況や希望によって、どちらが良いかが異なります。ご自身の場合はどちらが良いかを確認してみてください。

    リアル・ミンクスは、戸建て、土地、マンションなどの不動産売却のご依頼を新宿で承っております。一都三県での豊富なマンション売買実績を活かして、マンションの売却出すお手伝いをいたします。マンションの売却をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

    また、買取もしますのでお急ぎの方はご相談ください。


    ダウンロード (3)
お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~18:00

売却の窓口

Access


株式会社リアル・ミンクス

住所

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-5-6-6F

Google MAPで確認する
電話番号

03-5937-1337

03-5937-1337

FAX番号 03-5937-1338
営業時間

10:00~18:00

定休日

毎週日曜日・年末年始・GW・夏季休暇

多くの人が行き交う首都圏で会社を運営し、不動産に関する多岐に亘るお悩みの解決を後押ししております。一都三県で使用していない空き家や空き部屋をお持ちの方や、不動産相続問題に頭を抱えている方は、不動産売買取引の一度プロに相談してみませんか。長年培ってきた経験を活かし、お客様のお力になります。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

関連記事

Related